Kikroing on the Tree

日記とポートフォリオ

留学から10年、あの時何を考え、今何を思うか。①

はじめに

留学から10年、あの時の経験をまとめてみようと、やや苦く若い経験を少し思い返しながら考えた。

あの留学で何を学び何を得られたか、当時のことを振り返り、今一度考え直す時期が来たのだろう。10年も経つと、当時の意気揚々とした若い自分の行動と、その後の苦く厳しかった現実と、挫けた恥ずかしい経験が、川の急流を流れてきた石のように小さく丸くなってきた。

はてなブログを通して、留学経験は多くの者が綴っている。ちらっと調べただけでも、かなりの数の記事がある。その中には、順風満帆な留学を終えた者、今現在学んでいる者、さらには、やや思い通りにならなかった経験談もある。

私の経験は、思い通りにならず挫折した経験に分類分けされることだろう。挫折が一緒くたに悪いものではないと気づけた今だからこそ、その時の経験を振り返り、当時何を思い描き、何を目指し、何で挫折したのか、かさぶたを剥がすように、思い返していきたいと思う。

そして、今何を思うか。これは、当時は辛かったけど今となっては良い思い出とかそういうものでなく、あの時こうしていればこうだったとか、あの時の経験に基づいて今、自分はどういう経験として認識し、それを固有の糧にしているのか。平たく言うと活かしているのか。そういったことを綴っていきたい。

こんな限界ブログの1記事であるが、いや限界ブログだからこその内容なのかもしれないが、しばしお付き合いいただけたらと思う。そして、留学へ少しでも興味がある方、留学を終えた方、海外で活躍されている方の1レイヤー、1要素としてのこんな人もいるんだという認知の1つになったら、それは大変名誉なことかもしれない。

何はともあれ、この記事を書き出したのは、奇しくも2024年2月14日のバレンタインデー。書き終えるまで、どれくらい月日がかかるだろうか。少しずつ書き上げていきたいと思う。

 

どうして英国で学びたいと思ったのか

あの時、どうして国内大学への進学でなく海外大学への進学という選択肢を選んだのか。まず当時思っていたことを振り返っていきたいと思う。時期は高校2年生の冬ぐらいだったと記憶している。早い人は大学受験に向けて、もうすでに受験勉強を始めている頃だ。

真面目だった私も受験を意識し始めており、気だけ焦っていた。大学受験もまた高校受験のように勉強して、それなりの大学に入っていくものと考えていた。ただ高校受験と違って、専攻を選ぶ必要があった。経済学や法学、何かを専攻したいがために、一生懸命勉強して目指す学部を受験する必要があったのだ。この選択が当時の私には難しかった。何かを専攻したい気持ちは無かったわけではないのだが、次の4年をそれに没頭できると思えなかったのかもしれない。思えば、没頭する必要もなく、それなりに勉強していれば、いつか魅力に気づき大いに力を入れて研究できたかもしれない。しかし、それが私にはできなかった。

私はここで「国内大学でやりたいことがない」と決めつけてしまったのかもしれない。ちゃんと調べれば数多の専攻があるにも関わらず。

また、同時に受験からの逃げもあったのだろう。当時、それなりに勉強ができていた。しかし、学習への反抗というか、経験は座学に勝るとか、とって付けたような言い訳をかざして、学業から手を抜いた。結果、まあ成績は学年の中間くらいには落ちた。内心かなり焦っていたが、例の言い訳を理由に下駄を厚く履かせ、ちっぽけなプライドを守っていた。

小学校から塾に通い、それなりに勉強ができる子を維持してきた私は、中学、高校でもそれなりの順風満帆人生最高路線を歩んできていた。ただこれは、敷かれたものである。この路線から外れて自分の力を確かめたいという気持ちもあったのかもしれない。都内のそれなりの大学へ入学し、それなりの企業に就職することが、どうしても「つまらない」と思ってしまったのだ。これが海外大学へ進学する一番の理由というか根拠というか原動力だったのかもしれない。自分は自分の力でどこまでできるのか。

もちろん、一般的な野心はあった。例えば、海外大学を卒業して外資系サラリーマンとして国際的な人材を目指したいとか、海外大学で専攻がかっちりハマり研究を続けたいとか、様々なバックグラウンドの人々の交流を深めることで自分の奥行きを深めたいとか。

しかし、やはり大きな原動力は、現状維持・既定路線への反抗だろう。そんなことを当時考えて英国留学を志した。なぜ英国かは、簡単だ。カッコ良いから。

 

とりあえず英国に行ってみる

それまで海外に行ったことがなかった私は、とりあえず英国に行ってみることにした。2週間の語学留学である。英会話のえの字もしてこなかった私には、英語で意思疎通する経験が皆無であった。現地では基本的な英会話トレーニングから文法練習まで色々やってきた。中でも楽しかったのは、そこに集まった異国の方々との会話である。日本人もちらほらいる中、特にイタリア人、フランス人、韓国人と仲良くしていた。特にイタリア人のリカルドとは、コロナ禍でチャットをするくらい交友関係が深まった。教室はOxfordにあったのだが、週末にLondonへ出て観光をしたり、Afternoon Teaでチップの洗礼を受けるなど初めての海外っぽい経験をした。

 

この時の短期留学を通じて、日本では馴染みにくい所謂アングロサクソン的な思考に魅力を感じた。俗に言うCritical thinkingとかLogical thinkingである。会話に形容詞的で副詞的な例外を省き、物事の原則を素直にまっすぐ見てグルーピングし議論する。そこから例外も考えていき、議論を結論へ結んでいくような思考。洗練されているとしか言いようがない。渡英前にも色々な情報誌で見ていたが、それを直に感じた。

2週間でかなり色々な体験をしてプチ留学を終えた。この時、高校3年の夏。言わずもがな、私の興味は、完全に海外大学で様々バックグラウンドをもつクラスメートとの議論に偏った。

 

ちょっと長文になりそうなので、ここで小休止。

次稿に続く...

第3スカイリフトで雲上の絶景へ

 

今年もスキーの季節がやってきた。待ちに待ったスキーシーズンの到来だ。最近はめっきりハイシーズンにしかスキーに行かなくなっているので、シーズンインは、もう2月も近い頃になった。

シーズンインは野沢温泉スキー場にて

野沢温泉スキー場は、今年で100周年だ。温泉街の至る所に100周年の旗が掲げてあり、街の一体感を感じる。

GR3x

野沢温泉村には、高台から道を駆け降りていくようにアクセスする。そのため、急に姿を表す村に秘境感を強く感じる。人々が助け合って雪の中を生き抜いているのだなと感じるような、そんな風景である。

GR3x

街には外国人の姿が多く見えた。コロナ禍から脱却しつつあるように感じる。野沢温泉村は、ジャパウを求めて移住しているような方もいらっしゃるので、定住している人もいるのかもしれない。

野沢の夜は、賑やかで寒さをあまり感じない。

iPhone

毛無山山頂もスキーヤーで賑わっていた。積雪量は、例年よりも少なめという印象を受けた。雪質も悪くない。

志賀高原にあるパン屋さんに向けて

野沢温泉村に行った翌週に今度は志賀高原へ向けて車を走らせた。が、、、ちょっとその前に寄り道で、また野沢温泉へ笑。どうしても飲みたいビールを調達したかったからだ。志賀高原には、東京でも有名な志賀高原ビールがあるが、私は野沢温泉ビールが飲みたかったのだ。

anglojapanesebeer.com

ここの野沢温泉ビールシリーズの「ゴールド」を強くおすすめする。一回ぜひ飲んでみてほしい。その美味しさにぶったまげるだろう。

GR3x

せっかく野沢温泉村に立ち寄ったので少しだけ観光も。いつもはスキーに心を奪われているので、久しぶりに街を観光した感じだ。温泉という資源を中心に生活や観光、経済まで良い循環が波及している。街が活き活きとしていて、何かと嬉しく輪に入りたい気持ちにもなる。そんな場所である。

さてさて、、、野沢温泉村を後にし、一路、志賀高原へ。

圧倒的な美しさを誇る志賀高原の自然

GR3x

圧雪凍結路面を登ってきた者を出迎える横手山だ。その美しさは言葉にできないくらい感動的である。

GR3x

夕暮れ時に、車の写真にもってこいの場所があったので、ゴルフ君のプチ撮影会。

路面の状況は、圧雪に所々凍結というスタッドレスタイヤには優しい条件であったので、全く不安なく志賀高原の厳しい山道を登り降りできた。あまりにも安定しすぎていたので、横滑り防止制御をスポーツモードに入れて意図的に滑らせても、若干外に流れるだけで怖さがない。

GR3x

 

kikorin12345.hatenablog.com

 

2307の絶景へ

到着した翌日は、あいにくの曇りだった。写真も撮らないぐらいの灰色の世界につつまれた横手山スキー場だった。休憩中にふと携帯でFBを開き横手山山頂のパン屋さんの投稿を見た。

むむむ、上は晴れている?雲の上は絶対に晴れているという至極当たり前の可能性を私は見落としていた。リフトを3本乗り継ぎ山頂へ向かう。気温は、マイナス10度を下回るなか、リフト3本は身にこたえた。

第3スカイリフトに乗って最後のリフト降場を目指す途中、青空が、見えてきた。この感動的な経験はなかなかできたものでない。リフトが雲上の世界へ連れて行ってくれる瞬間だ。

GR3x

感動的すぎて、寒さを忘れるぐらいの高揚感に満ち溢れた。

GR3x

雲を抜けると静寂な世界が広がっていた。辺りから聞こえるのは、リフトの軋む音だけ。まさにそんな感じの風景だった。

GR3x

遠くにも山の背が望める。

GR3x

日本一標高の高いパン屋さん

www.yokoteyama.com

お昼ご飯は、もちろんここで。

このパンがとっても美味しいのだ。夏は、車とリフト等でアクセスが可能なのでぜひ来訪してもらいたいところだ。とはいえ、非常に行きにくい場所なので、そこがまた良いというのも何とも、モゴモゴ。

iPhone

東京への帰路で善光寺に立ち寄る

志賀高原善光寺は、思っている以上に近くにある。下道だけで行っても横手山エリアから60分ほどだ。

iPhone

左右に雪の壁がある道路を走ると、雪国に来たのだなと実感できて気分が良い。

GR3x

善光寺に参拝したのは、いつぶりだろうか。かなり久しぶりに訪れることができた。

GR3x

1時間後の境内、、、。この日は、首都圏でも大雪が降った日であった。当然、長野県でも大雪となり、お昼ご飯を食べ終わった頃には、すでに雪が積もりはじめていた。

iPhone

帰りの高速もこの有様だ。道中に3件ほど事故もあり、気を引き締めながら東京まで車を走らせた。

1954年製ズミクロンで撮る往年の名車たち

2021年12月にお台場にあった東京メガウェブが22年の歴史に幕を下ろした。東京都心にあるトヨタのテーマパークとして車好きに親しまれてきたことから、無論私も幼い頃から通っていた。

car.watch.impress.co.jp

それに代わってと言っては語弊があるが、代替となる施設が富士の麓にある富士スピードウェイに隣接する形で2022年10月に開館した。富士モータースポーツミュージアムだ。こちらは、愛知県長久手市にあるトヨタ博物館監修、東和不動産(現:トヨタ不動産)経営、ハイアットホテルアンドリゾート運営となっているとのことだ。東和不動産と言えば、トヨタの資産管理会社と言っても過言でない「ふところ企業」である。1国のGDP規模を誇るトヨタグループにしてみれば、このような素晴らしいミュージアムを作ることは容易い御用なのかもしれない。

fuji-motorsports-museum.jp

トヨタ博物館に展示されている車両は、量産車が多く、モータースポーツで活躍した車両の展示が少ない。これに対して、車好きの「もっとかっこいい車見たい!」っていう声が多かったそうで、富士スピードウェイの横に作ったちゃったという経緯とのことだ。というわけで、往年のレースカーがカッコよく展示されている、それもトヨタに限らず、日産、ホンダ、スバル、マツダに海外車も展示されているから、車への愛情が伝わってくる。

Summicron 5cm/2.0 1st Rigit

館内は、ホテルも併設されていることもあり、非常に高級感があるし良い香りがした。展示スペースに入場するためには、入場料が必要である。

Summicron 5cm/2.0 1st Rigit

係の方が車両ごとの背景を説明してくれた。かなり詳細でニッチな説明であり、生半可な知識しかない私にとっては、驚くことばかりで面白かった。ホンダさんは、こういうところがありますよねとか、日産さんも悔しかったんでしょうとか、当時の技術者の気持ちも話してくれて、それは臨場感があって、楽しかった。

Summicron 5cm/2.0 1st Rigit

Summicron 5cm/2.0 1st Rigit

空気の薄い上空でエンジンに多くの空気をとりくむ過給機いわゆるターボやスーパーチャージャーを車両に転用した初めての車両だそう。WW2で培った航空機技術が戦後に応用されている過程を知れることは、非常に胸打つものがある。無理矢理押し込まれた空気によってエンジン出力が上昇したこの車は、当時早かったんだろうな。

Summicron 5cm/2.0 1st Rigit

お次は、レシプロからロータリーへ。ル・マン100周年記念で特設展示が行われていた。車両の横を通ると、あの音が聴ける演出付きで気分が上がった。

Summicron 5cm/2.0 1st Rigit

帰りは、御殿場のアウトレットに寄って東京に戻る。思わずC1を一周したくなる気持ちを抑えないといけない。

Summicron 5cm/2.0 1st Rigit